日本人の象徴 ふんどし| FUNDOSHI | 褌 | ショップブログ  和粋屋貴兵衛 ふんどしショップはこちら
ふんどしショップ「和粋屋貴兵衛

素晴らしい本に出会いました!

0
     「ぼくらの祖国」 青山 繁晴 著  (扶桑社)

    内容紹介(アマゾンから抜粋)

    あなたは祖国を知っているだろうか……?
    「ぼくは知らなかった」と著者は言う。なぜだろうか? 日本の学校では教えないからだ。日本の大人も語らないからだ。子供も大人も、あなたもぼくもみんな日本国民だ。しかし日本を祖国として考えたこと、はっきり祖国として意識したことが、どれほどあるだろうか? 
     なぜ、日本の学校では祖国について教わらないのか? なぜ、日本の大人たちは祖国を語らないのか? それは戦争に負けたからだという。
     しかし、世界の多くの国が戦争に負けた歴史を持っている。それなのに、日本のように祖国を教えない国はない。戦争の悲惨を知り、平和を大切にすることと、祖国を語らない、教えないことは、同じではない。それどころか、平和を護るためにこそ、祖国をしっかり語ることが欠かせないのではないのか?
     著者自身が訪ねた、被災直後の東北、福島第一原発事故現場、硫黄島、沖縄本島白梅の塔等…… それぞれの場所で祖国のために命を捧げた人たちの姿、そしていまも現場でしっかりと生きている人々との邂逅を通じて、浮かび上がってくる祖国像を、著者の導きで考えていく。強く立派に生きた人たち、そしていまも世のため祖国のために生きる人たちの姿は、大きな感動を呼ぶ。
     また「日本には資源がない」という“洗脳”の下、なぜか報道機関がほとんど報じない、祖国を資源大国への道へと導く全国民要注目の「資源」とは何か?
       読む者の心のなかに「祖国は甦る」と強い想いを植えつけてくれる、著者渾身の新作!

    (私の感想)
    知らなかった「祖国・日本」のこと。
    知らされることがなかった歴史。

    読みながら、涙が止まりませんでした。

    「祖国」を考えることは、希望。

    今こそ皆で考えよう!


    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【和粋屋 貴兵衛】 2012年9月新作 尾長黒猫「綿オーガンジー・黒」
      Hさん (09/21)
    • 【和粋屋貴兵衛】 2012年4月新作 かんたん六尺「和調・風神雷神(2色)」
      hero (05/23)
    • 【和粋屋 貴兵衛】 明けましておめでとうございます
      tx (01/04)
    • 【和粋屋 貴兵衛】9月新作・六尺ふんどし
      叢雲 (10/09)
    • トリビアの泉
      (11/24)
    • トリビアの泉
      匠 (11/24)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode